『お金』と『幸福』の関係

この記事は3分で読めます

いとうです、

友人との会話の中でこんな話が出ました。

友人
「今でもそれなりに稼いではいるけど、
やっぱり年収1億を目指したいんだよね」

ぼく
「確かに、男としては一度でも1億稼いで、
証拠として確定申告書の写しを
ドヤ顔で公開したいところだよねー」

– – – –

多くの人は「年収1000万円!」とか
「年収1億円!」などと、稼ぎたい目標金額を
設定し、それに向けてビジネスに打ち込みます。

が、果たしてどのくらいの金額を稼げば
人間は満足するのでしょうか?

年収1億円欲しいと思っている人は、
本当に年収1億円を必要としているのか?

1億円でなければ満足できないのか?

年収や貯金は多ければ多いほど幸せなのか?

ということが気になったので、
「お金」と「幸福度」の関係性を
調べてみました。

その結果、興味深いデータが出てきたので
シェアしたいと思います。

– – – –

個人年収で800万円(世帯年収1500万円)、
金融資産が1億円に達するまでは、
収入も資産額も増えれば増えるほど
幸福度が増していくというものです。

逆に、それ以上増えても幸福度はあまり
上昇しない人が多いようです。

これは

『限界効用逓減(ていげん)の法則』

が働いているからです。

『限界効用逓減の法則』とは経済学の用語で
手に入れたモノの数が増える毎に満足度が
減っていくという心理効果を表したものです。

例えて言うと、ビールなんか比較的
わかりやすいと思います。

暑くて汗をたくさんかいた時に、
冷凍庫から取り出した霜の付いたジョッキに
なみなみと注がれたキンキンに冷えたビールを
ゴキュッゴキュッとノドを鳴らしながら
イッキに飲み干すのは最高の快感です。

目を閉じながら「くぅ〜っ」とうなり、
ついつい「おかわり!」と言って
2杯目に手を付けてしまうでしょう。

が、2杯目も美味しいは美味しいのですが、
最初の1杯目ほどの感動はありません。

それでも美味しいので2杯目を飲み干し、
3杯目を飲み始めます。

3杯目辺りになると、最初はとても
美味しく感じたビールも、だんだん味に
飽きてきて、次からは日本酒や焼酎などの
別のお酒に切り替えるでしょう。

もちろん、この感覚は個人差があるので、
飲み会で最初から最後までひたすら
ビールを飲み続ける人も居ます。

逆に、ビールはあまり好きではなく、
最初の一杯の一口目は美味しく感じるけど、
それ以降は全然美味しいと思わない、
という人も結構な割合でいると思います。

– – – –

お金の例で言うと、月収20万円の人が
「来月から給料10万アップだ!」と
社長に言われたら大喜びするでしょう。

しかし、すでに月収が300万円ある人が、
「来月から10万円アップ!」と言われても
20万円から30万円に上がる時と同じレベルの
喜びや感動を感じるのは難しいでしょう。

300万円から310万円になったらもちろん
嬉しい気持ちはあると思いますが、
「ああ、ちょっと増えたな」くらいの
感覚で終わってしまうと思います。

今まで誰ともロマンチックな行為を
した事がない人が「初体験」したら、
一生の思い出に残るでしょう。

しかし、経験人数が20人とか30人になると、
一人ひとりとどんなロマンチックをしたか
あまり記憶に残らなくなってきますし、
一時的な快感はあっても、達成感や
満足度は減っていくと思います。

(もちろん、どの例も個人差はあります)

要するに、所有や体験によって感じる
満足度や幸福度は、ある一定のラインまで
増えると、それ以上は上がりにくくなる、
という法則のことです。

– – – –

年収と資産額の話に戻りますが、

・年収800万円(世帯年収1500万円)
・金融資産1億円

のラインを超えるとそれ以上幸福度は
あまり変わらない傾向にある、
というデータがあります。

収入額における幸福度の上限ラインは

日本:800万円前後
アメリカ:75,000ドル
(1ドル=111円換算で約832万円)

となっていて、だいたい同じラインで
幸福度の上昇が止まるというのも
興味深いです。

他の国のデータはわかりませんが、
成熟した先進国においてはこれくらいが
一つの基準になるのではないかと思います。

夫婦共働きで世帯年収が1500万円あれば、
かなりクオリティの高い生活が送れます。

良い家に住んで、良い物を食べて、
良い服を着ることが出来て、年に1回か
2回くらいなら家族で海外旅行にも
行くことができるでしょう。

子どもを私立の学校に通わせたり、
習い事や塾に行かせることも出来ます。

よほど生活レベルを上げて毎月の出費を
増やさない限りは、無理して節約しなくても
預金通帳の数字は増えていくと思います。

もちろん、収入が増えたら増えたで
嬉しいのは間違いないと思いますが、
そのラインまで到達すると、

「お金を稼ぐ」
「お金を貯める」

という事よりも、もっと他の事に
意識が向き始めるようです。

例えば、飽くなき探究心を満たす為に
さらにスキルを磨いたり、ボランティアや
社会貢献に目を向けたり、仕事よりも
家族との時間を大事にすると言った方向に
フォーカスがシフトしていくのです。

マズローの欲求段階で言うところの
「自己実現欲求」や「自己超越欲求」の
ステージに足を踏み入れるということです。

あなたがこの「お金の限界効用ライン」に
到達していれば既にその感覚はなんとなく
わかるのではないかと思います。

まだ到達していないのであれば、
とりあえずこのラインを目標にして
スキルを磨いてビジネスに取り組んで
収入を上げてみて欲しいと思います。

お金から得られる幸福度に限りは
あるようですが、裏を返せば

「お金を稼げば幸福を感じられる」

という事になります。

もし今、あなたが幸福度が足りないなと
感じているのであれば、年収を増やす事に
エネルギーを注いてみてください。

稼ぐ力を身に付け、お金を増やした後に
その他の“幸福の条件”を満たすのが
人生戦略としてはスマートだと思います。

その他の“幸福の条件”の満たし方や
年収1500万レベルに到達するための
戦略などはまた後日お伝えしますね。

それではまた!

ちゃお!

 

いとう

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。