ZOZOスーツは最強のフロントエンド

この記事は5分で読めます

ファッションのオンライン通販大手の
ZOZOタウンがとんでもないレベルの
無料オファーをブッ込んできました。

これです↓

【ZOZOスーツ】

「え?なんですかこの黒い全身タイツは?
モジモジ君の衣装ですか?」

という声も聞こえてきそうなのですが
残念ながら“みなさんのおかげです”とは
一切関係ありません。

このブラック全身タイツはなんとも近未来的で
機能的で革命的な3Kアイテムなのです。

これが一体何なのかというと、

「全身15000箇所を瞬時に測定し
自分の体系を正確に数値化してくれる
オートマチック採寸スーツ」

です。

黒いタイツの表面にセンサーが仕込まれており
着るだけで自分の身体のあらゆる部分の
正確な数値を採寸をしてくれるのです。

自分の身長や体重なんかは普段から
気にするポイントなのでほとんどの人が
把握していると思いますが、

自分の首の太さや肩幅、胸囲、
腕の長さ、ウエストサイズ、
ヒップの大きさ、足の長さと太さ、

といった部分に関しては
把握していない人が多いと思います。

服が自分の体にフィットするかどうかを
チェックするためには試着するのが
一番手っ取り早いのですが、

試着をするためには実際に店舗に
足を運ぶ必要があります。

店舗に行くためには時間もお金も
体力も使うので結構面倒くさいですし

「変な店員に粘着されたらどうしよう…」

というそこはかとない不安もあります。

とりあえず通販で頼んでみて
実際に着用してみて具合を確かめて
サイズが合わなければ返品する、
という方法もあるにはありますが
時間も手間もかかって面倒くさいです。

ネット通販も店舗で買うのも
どちらも一長一短という感じです。

が、そんな面倒臭さを一気に解消し
自宅にいながら自分の体に
ピッタリ合った服を提案してもらえる、

というのが、このゾゾスーツを入り口とした
ZOZOタウンの新しいマーケティング戦略の
目新しさであり凄みなのです。

– – – –

人はだれでも自分専用にカスタマイズされた
パーソナライズされたメッセージを
受け取ると嬉しいものです。

自分の名前が書かれたラブレターが
下駄箱に入っていたら小躍りしますし、

シャア・アズナブルも自分の搭乗機を
自分専用アピールをするために
赤(製作の都合でピンク)に塗るのです。

人の話を聞いている時に
「みなさん」と話しかけられても
「誰に向けた言葉だろう?」と感じて
あまりピンと来ません。

自分とは関係ない他人事として
軽く受け止める事になります。

が、「あなた」と話しかけられると
「俺に対して言ってるのかな?」と
当事者意識を感じて耳を傾け始めます。

自分以外の人に対しても同時に
語りかけているとわかっていても
自分に話しかけられている気になるのです。

また、複数人を相手に話している場の中で
「◯◯さん」と名指しで自分を呼ばれると
完全に自分一人に向けたメッセージになり
「自分事」として最大の注意を払います。

これは言葉やメッセージだけではなく
アイテムを提案される時も同じです。

Amazonはあなたの買い物の傾向を見て

「この商品を買った人はこれも買っています」
「あなたの買い物傾向からオススメ」

という感じで個人の好みを把握して
ピンポイントに商品を提案するシステムを
導入しています。

これによって売上が大きく伸びたそうです。

ZOZOタウンでも同じように、今後は

「このアイテム、あなたの体型に
ジャストフィットしますし、
あなたの好みにドンピシャですし、
手持ちの服との相性もバッチリだと
思いますけどどうですか?」

という提案をあの手この手で
仕掛けてくる事が予想されます。

ターゲットを全然絞っていない、
パーソナライズされていないメッセージは
ウザく感じて無視するものですが、

自分にとってメリットのある提案を
投げかけてこられると、無視するのは
なかなか難しいです。

– – – –

このZOZOスーツはかなり革命的な
アイテムであると同時に、
マーケティングの構造で見ても非常に
強力なレバレッジが効くフロントエンドです。

まず、非常に目新しくて画期的な
ZOZOスーツを【無料】で配ります。
(実質送料200円かかりますが)

これにより色んなニュースサイトなどに
取り上げられ、一気に注目を集めます。

ニュース性や興味性が高いので
普段はZOZOタウンを使わない人も

「どんなもんだか気になる!
無料だし受け取っておくか!」

と言う感じで興味を示します。

実際、僕はこれまでZOZOタウンを
利用したことはなかったのですが、
興味深かったので試しに注文してみました。

どんな感じなのか、届くのが楽しみです。

どれくらいの数を無料で配ったのかは
わからないのですが、
途中から無料ではなく本来の価格である
3000円に戻っていました。

おそらくあらかじめ決めていた
配布数に到達したのでしょう。

先着何人だったのかはわかりませんが
無料で配ることによって意図的に話題を作り
見込み客の期待感を強く煽ります。

同時に、体型を含めた色々なデータを
提供してくれる濃い見込み客をゴッソリと
集めることに成功しています。

それに加え、ZOZOスーツを着た状態での
着用データを測定するためには専用の
ZOZOタウンのアプリが必須とのことなので
アプリをダウンロードさせるという
重要なプロセスも完了します。

で、ZOZOスーツが届いた人は早速着用し
体型データを測定してZOZOタウンに
データを送りつつ、着心地や計測してみた
感想などをブログやSNSでシェアします。

口コミのデザインもかなり計算して
行われている感じがします。

どれくらいの母数になるかはわかりませんが
ZOZOタウンで服を買うことに強い興味を
持っている層の詳細な体型データが
手元に集まるので、そこからは色々な
アプローチで仕掛けることが出来ます。

既存の取り扱いブランドの中で
在庫のあるアイテムを提案し、

閲覧履歴・購入履歴から個人の好みを把握し、

より精度を高めたオファーを投げかける、
という攻め方が基本になると思います。

ただ自分の好みに合った服を
提案されるのではなく、

自分の体型にジャストフィットする
パーソナライズされたアイテムを
提案される事になるので、

お客さんとしては専属のスタイリストに
サイズ感や好みがピッタリの服を
提案してもらえる感覚になりますし
安心して買うことができるでしょう。

さらに、ZOZOタウンを利用する顧客層の
体型データやトレンドなどの情報を収集して
これから立ち上げるプライベートブランドの
デザインや生産量に反映させる事ができます。

売れ筋のトレンド情報を十分に吟味した上で
商品開発をするという売れるのが確定した
「後出しジャンケン」状態になるのです。

それに加え、プライベートブランドなので
有名ブランドよりも価格を押さえても
十分な利益を確保できます。

もっと他にも色々な仕掛けが
仕込まれていると思いますが
ここまでの部分だけを見ても十分に
ファッション業界を大きく揺るがす
革命的なインパクトがあるのは間違いないです。

– – – –

まだ始まったばかりなのでこれから
どんな流れになるのかはわかりませんが
ZOZO帝国の勢力がさらに拡大するのは
明白であるといえるでしょう。

ZOZOのトップである前沢氏は既に
123億円の絵を買うくらいの富豪ですが
これからさらに富を拡大していくでしょう。

美術品の収集に熱心とのことなので
そのうち自分のコレクションを展示する
ZOZO美術館なるものができあがったり
する可能性も否定できません。

今後の動向も要チェックです。

—————————————-
2018年1月31日追記

ZOZOタウンから以下のメールが届きました。

無料キャンペーンがあったも一因だと思いますが、
想像以上のオーダーがあったようです。

ZOZOスーツが普及し始めたらさらに
ZOZOの天下になっていくのは間違いないですね!

アパレルショップに服を買いに行くのが
面倒くさく感じる人にとっては
本当に革新的なサービスだと思います。

既存のアパレルショップな生き残るために
新たな戦略を練る必要があるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ZOZOSUITのお届けについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ZOZOTOWNカスタマーサポートセンターです。
いつもご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度は、ZOZOSUITをご予約いただいたにも関わらず、大変お待たせしておりますこと心よりお詫び申し上げます。

ZOZOSUITですが、本日より配送を開始いたしましたが、ご予約数に対して生産数がまだまだ追いつかない状況が続いております。

それに伴い、お客様へのお届けに本日より最長6ヶ月程度かかる可能性がありますが、生産体制を大幅に増強し、納期の短縮に鋭意努めております。
お待ちの皆様には、期待にお応えできず、大変申し訳ございませんが、いましばらくお待ちください。

具体的にお届けできる時期が決まりましたら、また改めてメールにてご案内させていただければと思います。

何卒宜しくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。